本文へ移動

保育の様子

教育課程

子どもの芽生えを引き出すしっかりとした教育課程

教育課程指導計画表
幼稚園は生きるための土台づくりとなる、重要な幼児期を過ごす場所です。
 
美晴幼稚園では、養護と教育が一体となった保育を目指し、幼児ならではの世界を大切にしながら、子どもが自己表現できる環境を保障することが大切だと考えます。柔軟な感性・創造性の芽生えを培い、心身を豊かに発達させるため、一人ひとりがさまざまな活動を経験できるよう、幼稚園教育要領に基づいた、入園から卒業までの保育構造を示す「教育課程」を立てています。
子どもたちの姿を見て、何を求めているのかを読みとり、それに沿ってどのような経験をすることが望ましいのか、個人差をしっかり考慮しながら「つながり」のある具体的な指導計画を実施しています。

教育課程は子どもの成長・発達のプロセスを示す子どもと保育者のコンパス(羅針盤)です

 3歳
「食べる」さまざまな事象を吸収し、受け入れる
●保育者と関係による情緒の安定
●まねる・学ぶ対象となる身近な存在
●3歳児の発達に見合った時間・空間の中でのあそびや出来事の出会い
 4歳
「消化と関係の育み」多様なものとの出会い、関係の育み
●保育者と友達との信頼関係による安定した情緒と生活
●自分と発達段階が異なる存在との比較
●好き・嫌い(したい・したくない)が主張できる環境
●多様なひと・もの・出来事・自然との出会い関係を育む機会
 5歳
「自立への踏み出し」信頼関係の充実、相手の気持ちを想像する
●保育者と友達との信頼関係による安定した情緒と生活
●自分の意思で年下の子のお世話ができる
●ルールや約束、物語を自分たちで作り上げる機会
●「信頼される・まかされる」「達成感・ともに挑戦する」を実感できる機会
学校法人東学園
美晴幼稚園
〒062-0022
札幌市豊平区月寒
西2条7丁目2-16

バスでお越しの方
"中央通4丁目"下車
徒歩8分
"月寒中央駅前"下車
徒歩6分
 

電車でお越しの方
東豊線"月寒中央駅"下車
徒歩7分
TOPへ戻る